石川県金沢市のボランティアサークル「LELIBI」の情報をお届けします。

LELIBI発足秘話:ネーミングをどうしよう…(その1)

カテゴリ:
どうもです!
ボランティアサークル「LELIBI」です。


組織として活動するにあたり必要だと思ったこと、それは組織体の名称です。
「ボランティアサークル ○○
この○○をどうしようかと、そういうことです。

発起人が前に所属していたサークルでは、確かみんなで案を出し合って決めていました。
だけど、今回は一人です。
いかんせん、とりあえず発起人一人での旗揚げを覚悟していたらしいので…。

はじめは、ふんわりとした感じのイメージを考えていたらしく「PoPo ~ぽぽ~」を考えたみたいです。

「一」歩んでいこうということと、やわらかい感じもあるのかなと思いまして…。
実際に口に出してみると、ちょっと気が抜けた感じがあっていいんじゃないかと思ってました。

と発起人が申しております。

llb_blog_160416_1

けど、ここから一変して現サークル名の「LELIBI ~れりび~」に変わってしまうのです!
それには発起人のかなり個人的な背景があるみたいなのですが…、既存メンバーにも明らかにしていない理由を次回披露してしまってよいのでしょうか…汗


というわけで今回は「LELIBIネーミング前編」を紹介させてもらいました。
次回は、引き続き「LELIBI」のネーミングの由来の後編をお届けしたいと思います。
では、ありがとうございました。

LELIBI発足秘話:組織体として活動する理由

カテゴリ:
どうもです!
ボランティアサークル「LELIBI」です。

サークルを立ち上げるにあたり、考えることは何でしょうか。
個人的に海岸清掃を行うこともとても素敵なことですが、発起人は一つの組織体として活動をしたいと思ったみたいです。

人は必ず何らかの社会・組織体に属して生きますよね。
勝手に属していたものもあれば、自分で選択してきたものもあるはずです。
人の人生において、いったいどれだけの社会・組織に触れていくのでしょう…。
そんなこと分かるはずもないのですが、自分が属する社会は、できることなら明るく、楽しく、居心地の良いものであればいいですよね。

前置きが長くなってしまいましたが、発起人はそんなことを思いながら、組織体を作る決意をしたみたいです。

  • 組織体に関わる人が、自分の人生を明るく捉えられる様なきっかけになる組織体にしたい…。
  • 組織体に関わった人が、愛着をもてる様な組織体にしたい…
  • 組織体に関わる人間が、有機的に相互作用を果たし面白さを創出できる様な組織体にしたい…

llb_blog_160415_1


発起人はこう言っています。

一人でもやります!
ただ、たとえ一人で活動したとしても、自分は「LELIBIの旗」を掲げて活動するつもりです。
それは「LELIBI」として活動することに意味があるからと考えるからです。


実際のところ、組織体として動き始めた以降は、どのように進んでいくかは発起人にもわからないことのはずです。
ただ、組織体として活動することに意義を見出したいとの想いは強いのでしょう。

関わった人が、自分の人生を彩るきっかけとして、この組織体を思ってくれたらうれしいな。
そう思っているみたいです。

「LELIBI」発足の背景には、組織体として活動するという発起人の強い意志があるみたいですね。
今後、「LELIBI」という組織体がどうなるかはわかりませんが、関わった人に有機的に作用してくれるとありがたいですよね。

それでは今回もありがとうございましたッ!

実践レポ:海岸清掃(02月)の様子

カテゴリ:
どうもです!
ボランティアサークル「LELIBI」です。

振り返る形となりますが、私たちの活動を紹介してみたいと思います。
とはいえ、LELIBIとして活動してまだ間もないんですよね…。

正規の活動とは言えないかもしれませんが、LELIBIの発起人が動き出したのは今年の2月下旬。
当時所属していたボラサークルのLINEグループに「サークル非公式活動案内」と呈して、海岸清掃を持ち掛けたことが第一歩です。

当時の呼びかけをちょっと見てみましょうか…笑
 
いきなりでごめんなさいっ!
今日は本当に天気がいいですね。ちょっと暇を持て余してますので、以下の内容で海岸清掃を行いたいと思います。参加したい方はご自由にどうぞ。

・内 容…海岸清掃ボランティア
・会 場…内灘海水浴場
・日 時…2016/02/28(日)14:30~16:00
・持ち物…ゴミ袋、軍手、(飲み物)
・服 装…活動・汚れ・防寒に対応した服装
・その他…現地集合、現地解散、自由参加(途中参加・帰宅OK)

LELIBIの歩みは、発起人の気まぐれな呼びかけによるものとなるようです。
「天気が良い」「暇を持て余している」という、ある意味テキトーな理由からスタートしてるんですね、とほほ…。

ただ、この急な呼びかけに応えてくれたメンバーがいるんですよね。

開始時間となっても、誰も来ず、発起人は“当然だ”と自分に言い聞かせて清掃活動をスタートしたみたいです。
その後30分ほど経過したでしょうか、一人だけ現れたんですよ、発起人の気まぐれ呼びかけに応えてくれたメンバーが…!

ありがたいことです。

そのまま二人で時間まで清掃活動を続けて、活動後に撮影した写真が以下となります。

llb_160228_04
llb_160228_06
llb_160228_05_2

LELIBIの第一歩はこんな感じでした。
第一歩としてはちょっと恥ずかしいかもしれませんね。
暇を持て余した発起人の気まぐれな発言からみたいなので…笑

そういえば、この時は「LELIBI」というサークルも存在していなかったんですよね。
その当時、発起人に新サークル発足の考えがあったのかは定かではありませんが、海岸の状況をみて、“自分らの活躍する場がある”と実感したみたいです。
一冬を超えた内灘の海岸の状況は、かなりのゴミがあったみたいなので、そう思ったのでしょう。

今回はLELIBI発足前の、LELIBIの原型を紹介させてもらいました。
ありがとうございます。

ボランティアサークル「LELIBI」スタート!

カテゴリ:
はじめまして!

この春、ボランティアサークルとして「LELIBI」を始動させました。
石川県のボランティア団体で、社会人サークルとしての位置づけです。

ボランティアサークルとしても、団体組織としても、所属しているメンバーの数にしても、まだまだこれからの私たちですが、一歩一歩着実に「LELIBI」としての歩みを進めていきたいと思います。


llb_0001



ボランティアの内容は、誰でも気軽に参加できる清掃活動を、私たちのメインの活動にして、アクションをスタートさせます。サークルの発足地である地元の海岸(内灘海水浴場)を舞台に、海岸清掃を行っていきます。 

組織体として、今後どのような展開を見せるかは未知数ですが、 面白いことに発展していけばと思っています。

ブログに書く内容も、気まぐれなものが多いかもしれませんが、ぜひとも「LELIBI」をよろしくお願いいたします。 

このページのトップヘ

見出し画像
×